最近、街を歩いていても、雑誌を読んでいても、テレビを見ていても、よく目にするようになった言葉「フレンチ中華」。なんとなく耳に、目にしていたけれど、フレンチ中華がなにかがわからない、と首をかしげる方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、フレンチ中華とは何かや、横浜中華街や東京都内でおすすめの絶品フレンチ中華のお店をご紹介します。

フレンチ中華って何?

まず、「そもそもフレンチ中華とは何か」を説明します。
トルコ料理・フランス料理・中華料理は、昔から「世界三大料理」と呼ばれています。その中の2つ、フランス料理と中華料理が組み合わさった料理が、フレンチ中華です。美味しくないわけがないですね。
フレンチ中華には、フランス料理で扱う食材を中華料理の伝統的な調理法を使って調理したものや、中華食材をフランス料理のように1品ずつコース料理として楽しむ料理のことを指します。フレンチ中華という名前以外にも、「ノーベルシノワ」(フランス語で「ヌーベル=新しい」「シノワ=中国の」という意味なので、新しい中華料理という意味)という呼び名もあります。フランス料理と中華料理が、互いの食材や調理法をミックスさせてできあがる料理と考えて良いでしょう。
油を大量に使って食材を炒め揚げすることが多い中華料理に比べると、フランス料理の調理法によるフレンチ中華はヘルシーです。また、使われる香辛料の量も少ないため、素材の味をより楽しむことができます。美容や健康に配慮している人にも愛される料理といえるでしょう。

横浜中華街にあるフレンチ中華料理

元町・中華街駅から徒歩約10分の場所に位置する「金香楼」。竜宮城をイメージした豪華な1階席は、中華街にあるお店で唯一の水上席!食事中だけでなく、料理が来るまでの間も店内の雰囲気を楽しむことができます。2階には個室も完備。デートや、家族のお祝い事などにもぴったりです。
フレンチ中華を思いきり堪能できるコース「ヌーベルシノワ」は、1人あたり6000円から。コースには、誰しも1度は食べてみたい「フカヒレの姿煮」も含まれています。そのほかにも、「三種点心の盛合せ」や「海鮮ソーメン」など、一風変わった料理も楽しむことができ、バリエーションも豊富。また、1品1品がさまざまな形の壺に入っている「壷尽しコース」も魅力的です。

東京にあるフレンチ創作中華料理

フレンチ中華は、もちろん中華街以外でも食べることができます。数あるフレンチ中華料理店の中でも特におすすめしたいのが、「蔭山樓」です。都内では、自由が丘・恵比寿・表参道などに店を構えています。フカヒレ料理をメインにしたフレンチスタイルの創作中華料理店で、オリジナリティー溢れる料理を堪能することができます。
「フカヒレの姿煮」はもちろんのこと、シュウマイの皮の代わりにフカヒレを使用している「大きな自家製フカヒレ焼売」は、見た目のインパクト大!まさに、ここでしか味わえない絶品です。ほかにも、フカヒレの食感が楽しい「フカヒレの刺身」なども人気。
フランス料理と中華料理を組み合わせたフレンチ中華は、ワインとの相性も抜群ですが、蔭山樓はワインの種類も豊富。食事や気分に合わせてワインを選ぶことができます。ぜひ、落ち着いた店内でリラックスしながら美味しい食事とワインを楽しんでみてください。

フレンチ中華の内容や魅力、おすすめのフレンチ中華レストランなどをご紹介しました。ぜひ1度お店に足を運んで、実際に料理を堪能してみてくださいね!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

ランチにぴったり!自由が丘のおいしい中華を紹介

中華料理は安い・多い・おいしいの3拍子揃ったジャンルなので、ランチにはもってこい。ここでは自由が丘のおすすめ…

MoCo / 1403 view

恵比寿で中華と言えばココ!人気5選をご紹介♪

恵比寿は名店が立ち並ぶ中華激戦区。調べてもなかなか決められない、という方のために、今回は恵比寿でおすすめの中…

MoCo / 1196 view

意外に知らない!?中華料理の種類

今やラーメンや餃子など中華風料理は身近になったものの、本来の中華料理について知る方はそうは多くないように思え…

MoCo / 1014 view

関連するキーワード