1杯1000円以上するようなラーメンが密かにブームになっているのをご存知でしょうか。その値段の理由は、ラーメンに使われている食材にあります。今回は高級食材を使った極上ラーメンが食べられる東京の人気店を3軒ご紹介します。

志奈そば 田なか Second

池袋の近くにある「志奈そば 田なか」の2号店。秋葉原から歩いてすぐの末広町にあります。イタリアンや、数々のラーメンの名店で修業を積んだ店主が開いたお店です。化学調味料を使わず自然食材で味を構成するその徹底ぶりからも、プロとしてのこだわりが感じられます。
驚くほどシンプルで美しい「至高の塩かけそば」(夜営業、30食限定)は、伊勢海老、アワビ、サザエといった高級海鮮食材をふんだんに使って作ったベースに、ヒマラヤのピンクソルトとパキスタン、沖縄の塩をブレンドした塩ダレを加えたスープと特注麺の組み合わせ。トッピングはありませんが、スープを一口飲んだだけで多幸感が押し寄せてきます。シンプルながら濃厚で複雑な旨みのつまったスープと平細ストレート麺が絶妙にマッチしているので、あっという間に完食してしまいます。

蔭山樓

フレンチスタイルの創作中華料理を提供する「蔭山樓」。自由が丘・恵比寿・表参道などのおしゃれなエリアに店を構えています。
このお店のこだわりラーメンは、「名物こだわり麺の鶏白湯塩そば」です。手羽先などの食材を8時間以上煮込んで作った鶏白湯をベースにした、濃厚かつさっぱりとしたスープは、とろみがつくまで旨みを凝縮しています。決してくどくはなく、むしろスープを飲む手が止められなくなってしまうほど飲みやすい仕上がり。濃厚なスープも太ちぢれ麺によく絡み、相性抜群です。
また、ジューシーで柔らかい鶏むね肉のチャーシューが入っており、鶏の旨みを食べたり飲んだりと、思う存分堪能することができます。生野菜とレモンが別に添えられているので、合間に食べて口の中をさっぱりをさせたり、レモンを絞って味わいの変化を楽しんだりできるのも嬉しいですね。
上記の3店舗以外にも、蔭山樓のラーメンだけを提供している店として「鶏白湯麺 蔭山 高田馬場店」などもあります。

焼きあご塩らー麺 たかはし

西武新宿駅からほど近く、料亭を思わせる外装のラーメン店「焼きあご塩らー麺 たかはし」。お店の名前通り、九州地方では家庭でもよく使われている「あご(トビウオ)」をメインとしてとった魚介出汁と、時間をかけて炊いた国産豚の豚骨スープを合わせた濃厚でコク深いスープがお客さんを虜にしています。
あご出汁がしっかり主張していますが、魚臭さはありません。それは1匹ずつ、頭とはらわたを取り、水出しして丁寧に下処理がなされているからこそです。
一見シンプルなスープですが、ひと度口にすれば、店主の並々ならぬこだわりが伝わってきます。平打ちの中太ちぢれ麺はもっちりでツルツルとした食感。のど越し、味わい共に楽しい麺と、鼻にふわっと抜ける上品なスープの香りに打ちのめされてしまいます。
また、チャーシューはトロトロの柔らかいタイプと、しっとりと上品な歯触りのタイプの2種類が入っているのも、嬉しいポイントです。卓上には柚子胡椒もあるので、最後に味わいの変化を楽しむのも良いでしょう。

こだわりの高級食材を惜しげもなく存分に使った絶品ラーメンをご紹介しました。1杯1杯に込められた店主のこだわりがひしひしと感じられるラーメンは、食べている間も、食べ終わった後も、私たちを幸せな気持ちにしてくれることでしょう。ぜひ1度、ご堪能ください!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

恵比寿白湯ラーメンも♪フレンチ中華トレンド解説

フレンチ中華というジャンルをご存知でしょうか。ここではフレンチ中華を堪能できるおすすめの恵比寿のお店や、白湯…

MoCo / 593 view

豚骨ラーメンに塩ラーメン!ラーメンの種類と特徴

ラーメンの種類は豚骨ラーメンや塩ラーメンだけではありません。ここではスープで分類したラーメンの種類について特…

MoCo / 788 view

世田谷ラーメン・自由が丘フレンチラーメンの世界

日本の中でもラーメン激選区と呼ばれるエリアのひとつが世田谷区。中でもぜひおすすめしたいラーメンレストランや、…

MoCo / 609 view

関連するキーワード