中華料理でよく耳にする点心。でも、点心って一体なんのこと?と質問されると、うまく答えられない人も多いのではないでしょうか。今回は点心の意味や語源、人気のメニューなどを詳しく紹介していきます。

点心とは?

点心とは、中華のメイン料理である主菜(菜)とスープ(湯)以外の軽食や間食、お菓子のことで、それら全てを点心と呼びます。
点心の語源は諸説ありますが、「空心(すきばら)に小食を点ずる」という禅語からとったという説や、心に点をつけて「心に触れる」意味からきたという説などが有名です。そうした諸説の「空腹を補ったり」、「心を満たしたり」するニュアンスからも、ちょっとした「つまみ」になるという意味合いが感じられますね。

飲茶との違い

点心と飲茶の違いになると、それを説明できる人はさらに少なくなります。豆知識として覚えておくだけでも、誰かと中華料理を食べに行ったときに話の種になるかもしれませんね。
点心は小籠包や杏仁豆腐、果物など軽食全般のことでしたが、飲茶は点心をつまみながら中国のお茶を飲む習慣や食事スタイルのことを指します。したがって、「飲茶を食べる」という言葉は、点心と飲茶の意味を混同していることになりますので、「飲茶をする」というのが正しい使い方です。
元々はお茶を飲むことが主体だったようで、お茶を飲むのに用意されたナッツなどの簡単なお茶請けが基本。時代を経て進化した結果、多くの点心料理が生まれたとされています。

点心にも種類がある

点心は大きく2種類に分けられます。「甜点心(ティエンティエンシン)」と「鹹点心(シエンティエンシン)」です。この2つの違いは味にあり、甜点心が甘みのある点心、鹹点心は甘くない点心を指します。具体例をあげると、あんまん、月餅、杏仁豆腐、桃包(桃饅頭)、マンゴープリンなどは甜点心。餃子、焼売、小籠包など茹でたり、蒸したり、揚げたりと様々な調理法で作られる甘くない料理が鹹点心です。
また、お粥など小皿に盛られた間食はなんでも点心となり、果物やナッツ類なども全て含んだものです。それらをさらに細かく分類すると、「小食」(シャオシー)や「果子」(グオヅ)と呼ばれる種類の点心になります。

点心の紹介

では、人気の点心をいくつかピックアップしましょう。
まずは糯米鶏(ローマイガイ)。こちらは、もち米と鶏肉を蓮の葉で巻いて蒸した料理です。腹持ちが良いので、空腹を満たす軽食として人気です。
続いては、蝦餃(ハーガウ)。これはお馴染みの人気点心ですが、なんのことかわかりますか?正解は海老餃子です。モチっとした皮とエビのプリッとした食感がたまりません。
腸粉(チョンファン)は、米粉の皮でエビやチャーシュー、牛肉を巻いて醤油などをかけて食べる料理です。米粉のモチモチ感が癖になりますよ。
肉まんのような見た目の叉焼包(チャーシューバオ)は、中国ではパン屋さんでも売られています。具材は絶妙に味付けされたチャーシューで、嫌いな人はいないのでは?と思えるほど大人気の点心です。蒸した白いもの以外にも、焼いた茶色の叉焼包もあるそうです。
人気点心は、まだまだたくさんありますが、あとはお店のメニューなどで確認してみてくださいね。

点心について押さえておきたい基本ポイントは以上になります。咄嗟に聞かれた場合、飲茶との違いは説明できますか?点心の種類の違いを中国名で口にすることができますか?頭に入れておくと、旅行時や中華料理屋さんに行ったときなどに役立ちます。
点心はケーキやチョコレートなどの甘いお菓子も含むため、例えば中国で小籠包を探すには、「鹹点心」(シエンティエンシン)の文字を目印にした方がいい場合もあるかもしれません。
日本では素敵な中国茶の専門店も見かけます。そこで本格的な中国茶を購入したら、デパートやスーパーなどで売られている点心と一緒に優雅な飲茶を楽しんでみてはいかがでしょうか?中国茶は本格的な茶器が必要なように思うかもしれませんが、そんなことはありません。気楽に楽しめるティーバッグタイプのものも多く売られています。ゆっくり飲茶をしながら、本場の点心に思いを馳せてみるのもいいですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するキーワード