ラーメンのルーツは今から100年以上前といわれています。明治時代に中華料理店が日本で誕生し、中国の麺料理が次第に広がっていく過程で、日本人向けのラーメンに進化していきました。
昨今では日本のソウルフードと呼ばれるほど人気で、どの街に行ってもラーメン店をたくさん目にします。また、ラーメンイベントなども開催され、もはや一つの文化となりました。
ラーメンの語源は諸説ありますが、その呼び方が広がったきっかけは、昭和33年に発売開始されたインスタントラーメンによるものだそうです。

ラーメンの新ジャンル

ラーメンには、スタンダードな醤油ラーメンや、あっさりした塩ラーメン、コクの強い味噌ラーメン、濃厚な豚骨ラーメンなどの種類があります。チャーシューやメンマ、煮卵、海苔、ネギなどのおなじみの具とこれらの味を組み合わせたオーソドックスなラーメンは根強い人気ですが、最近は新たなタイプのラーメンも続々登場。イタリアンやカレーと合体したものや汁なしラーメンなど、幅広い種類のラーメンブームが巻き起こっています。
そこで続いては、今年注目のラーメン新ジャンルをおすすめのお店とともにご紹介しましょう。

新ジャンルのラーメンが食べられるお店

蔭山樓 自由ヶ丘店

蔭山樓名物のフカヒレ料理と肩を並べるほどの看板メニュー「鶏白湯(トリパイタン)塩そば」。スープには、約8時間かけて抽出される手羽先の旨味がぎっしり凝縮されています。有名な浅草開化楼の特製麺と極上スープの上質なハーモニーを一度堪能すれば、ラーメンの概念が覆ってしまうことでしょう。香る海老油に伊勢海老の頭が使われている点も贅沢です。
コラーゲンがたっぷり入っているので、お肌もプリプリになりますよ。添えられたレモンを絞って、途中から味を変えて楽しむのもおすすめです。

黄金の塩らぁ麺 DueItalian

ラーメンは男性客の方が多いイメージですが、こちらは女性客の方が多いラーメン界の革命児的存在です。DueItalianのラーメンは、イタリアン出身のシェフが作る「丼一杯のフルコース」といわれ、連続でミシュランガイド東京に選ばれるなど高い評価を得ています。
こちらのお店で必ず食べておきたいのは、「フロマージュ」といわれるチーズたっぷりの洋風らぁ麺。ご飯が付いているので、スープの残りに浸してリゾットにもできます。200円プラスして生ハム付きのものにするのがおすすめです。

浅草製麺所

麺にこだわるなら、全て自家製麺のこちらのお店。麺の種類が豊富です。明日葉や赤唐辛子を練りこんだ緑や赤のカラフルな麺は見た目も華やか。
こちらのお店の人気メニューは、つけ麺です。醤油、味噌、坦々のほか、石鍋に入ったカレー味噌やカルボナーラにつけてこだわりの麺を味わうこともできます。150円プラスすると、つけ麺の麺を食べ放題にすることも可能。7分かかる茹で時間を計算しながらオーダーしましょう。

実之和 新宿御苑前店

カレーとラーメンという二大人気料理が合体した「かれー麺」のお店。もっちりした太麺がとろみのあるカレースープにほどよく絡み、癖になります。大きめの青ネギがちょっとしたスパイスになり、最後まで新鮮なおいしさを味わうことができます。

ばしらあ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

女性1人でも行ける!表参道のおしゃれラーメン店

ラーメン屋に女性一人で入るのはなかなか勇気がいりますよね。そこで今回は、女性一人でも入りやすい表参道のおしゃ…

MoCo / 1262 view

ミシュランの一つ星を獲得した世界初のラーメン店に潜入

世界的にも有名なグルメガイド「ミシュランガイド東京2016」にて、一つ星を獲得したラーメ店“Japanese…

micchi / 735 view

世田谷ラーメン・自由が丘フレンチラーメンの世界

日本の中でもラーメン激選区と呼ばれるエリアのひとつが世田谷区。中でもぜひおすすめしたいラーメンレストランや、…

MoCo / 522 view

関連するキーワード