人気食材の一つであるプリっとした食感のエビは、これまでさまざまなジャンルの料理に取り入れられてきました。高級な伊勢エビやボタンエビはお刺身やボイルで、車エビや甘エビはお寿司に、芝海老はかき揚げやエビチリに、乾燥した桜エビはお好み焼きなどの具に、ブラックタイガーは天ぷらやエビフライにと、豊富なエビの種類に合わせて料理も様々で、多くの人に親しまれています。
そんな大人気のエビですが、実は健康にも良いとされています。続いては、エビの栄養と効能についてみてみましょう。

疲労回復・滋養強壮

エビには、タウリンという栄養素が多く含まれています。タウリンは、栄養ドリンクなどにも含まれている重要な栄養素です。
疲労で肝臓が弱るといつまでも疲れが取れず、悪循環に陥ります。そこで、肝機能を改善するのに効果的な栄養を摂取することが有効とされます。胆汁酸の分泌を促し、肝臓の細胞を再生するのに役立つタウリンを取り入れることが、肝機能回復に繋がるので、エビやイカ、タコなどそれらを多く含む食材を食べることが効果的といわれているのです。

生活習慣病予防

タウリンには、脂肪を肝臓から排出して脂肪肝を予防したり、インシュリンの分泌を促すことで糖尿病を予防したり、血中のコレステロール値を下げてくれたりする効果もあります。エビの殻に多く含まれる動物性の食物繊維であるキチン、キトサンという栄養成分も、タウリンと同様の効果があるとされています。

美容効果

エビの赤色の元となる色素はアスタキサンチンという栄養素からできています。アスタキサンチンは美容効果が高いとされ、サプリメントに取り入れられるなど近年人気の栄養素です。
アスタキサンチンの優れた効果は、その抗酸化作用にあるとされています。アスタキサンチンと同じような働きをするビタミンEも豊富で、美肌や老化防止に効果的な食材といえます。

免疫力向上

アスタキサンチンには抗炎症作用もあるため、免疫力向上にも効果が期待できます。また、エビは血や肉、骨の形成に必要なタンパク質やカルシウムも多く含むので、体の基本的な構成要素となって免疫力を高め、病気に強い体を形成してくれます。

眼精疲労の改善

さらにアスタキサンチンは、目の疲れをとってくれる栄養素としても注目されています。デスクワークやスマホなどで、長時間に渡って目を酷使する生活スタイルが増えた昨今では、目の健康が重視されています。これまで疲れ目や視力回復に良いとされてきたアントシアニンと同様に、重要な栄養素となっていくことでしょう。

効果だけではない?マイナス面も考慮

栄養豊富、高タンパクで低カロリーのエビはダイエットにも最適とされています。しかしながら、エビフライや天ぷらなどのように、エビ料理にはたくさん食べると高カロリーになってしまう調理法が多いという側面もあります。
また、痛風の原因とされるプリン体も含まれているため、栄養価が高いからといって食べ過ぎると逆効果です。

普段よく口にするエビに、たくさんの健康効果があるというのは嬉しいですね。美肌や髪にも良いので、健康志向の強い方や美容に関心の高い女性にも、ますます注目されていくことでしょう。エビから贅沢に出汁をとったラーメンなど、様々に工夫を凝らしたエビ料理を提供する飲食店も増えているので、美味しいエビ料理を楽しんでみてくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

あなたのお好みは?エビの種類とぴったりの調理法を紹介!

実は、日本は世界でも有数のエビ消費大国です。一口にエビと言っても種類があり、それぞれ調理のポイントも異なって…

MoCo / 3323 view

美味しいエビが楽しめる♪東京都内人気のお店3選

エビは和洋中どんな料理にも欠かせない食材のひとつですね。今回は、東京都内のえび好きにオススメのお店を各ジャン…

MoCo / 1028 view

関連するキーワード