私たち日本人にとって、和食は日常食であり、とても馴染みのある料理です。しかし、正しい和食の食べ方ができていると自身を持って言えますか?
外食をする時、接待などでちょっと良い店でお食事をする時などに、食べ方で戸惑ったという経験はありませんか?
今回は、食卓での和食ではなく、お店で和食をいただくときに迷ったり困ったりしないためのマナーをご紹介します。普段何気なくしている行為や仕草も、実はマナー違反かもしれませんよ。

作法

和食の基本は、右手にお箸を持つこと、左手にお椀を持つことが前提です。そして食事をする時は、お茶碗やお椀、小皿などを手に取って食べます。
配置されたお皿を動かさず、そのままの状態でスプーンやフォークで口元に運んで食事をする国もありますが、和食ではマナー違反となります。また、他国のコース料理のように1品ずつ食べるのではなく、お膳にある1品1品を少しずつ交互に食べるというのも和食ならではの作法です。

汁物・土瓶蒸し

汁物をいただくときは、まず左手をお椀に添えてゆっくりと右手で蓋を開けます。この時、蓋の裏についている水滴はお椀の中にこぼしてOKです。左手でお椀を持ち、右手でお箸をもって、箸先が相手に見えないようにしていただきます。
土瓶蒸しをいただく時に注意したい点は、土瓶の中に入っている具材を直接口元に運ばないことです。一度猪口に移してから食べるのがマナーです。また、食べ終えた後は蓋を閉めておきましょう。

レモンやスダチなどを絞る際は、果汁が思わぬ方向へ飛ぶこともあるので、相手にかからないように手でガードしながら絞りましょう。
焼き魚の中骨を軽くほぐし、魚の種類によっては上半分から下半分へ、もしくは左から右へと食べるようにします。魚をひっくり返す行為は、マナー違反になるので注意しましょう。
表側を食べ終わったら、頭と中骨が繋がっている状態のまま剥がし、お皿の奥の方に寄せておきましょう。この際、お箸を持つ手と一緒に左手を使っても、マナー違反にはなりませんので安心してください。

ごはん・お寿司

ご飯をよそう際には、山盛りにはせずにお茶碗の7割から8割を目安に盛り付けましょう。また、お茶碗の上にお新香やおかずを乗せて、丼のような食べ方はしてはいけません。おかずはおかず、ご飯はご飯で一口ずつお箸にとって食べましょう。
お寿司をいただく時は、シャリの部分に醤油を付けるとシャリがほぐれやすくなったり、しょうゆが浸みすぎたりするので、しょうゆはネタに付けるようにしましょう。

お箸の扱い方

お箸は、食べ物を口元に運んだり食べ物を掴んだりするための道具です。箸先の3センチ以下の部分を使うようにして、手元に近い部分は汚さないようにしましょう。この点を気を付けるだけでも、自然と美しい作法に近づくはずです。お箸の汚れ具合は、あなたの作法のレベルといっても過言ではないでしょう。
また、お食事の途中には、お箸をきちんと箸置きに置いていますか?お茶碗の上に置いたり、テーブルの上に置いたりする行為は、マナー違反なので注意しましょう。

和食のマナーについてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?マナー違反だったかも、と気づいた点もあったのではないでしょうか。
和食は身近な存在なので、作法やマナーについて気にすることなく食事をしている人も多いかと思います。しかし、こうして改めて見直してみると、案外知らなかったこともありますよね。一緒に食事をする相手のためにも、快適で心地良い食事の時間を演出するためにも、改めてマナーを復習してみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

彼女も思わずため息!オシャレなインテリアのバー・レストラン4選(六本木・麻布)

デートの参考として、レベルの高い店が多い六本木・麻布界隈の中で、お洒落なインテリア且つ料理もおいしいお店を厳…

micchi / 624 view

表参道を散歩するならこのコースがおすすめ!

表参道にはショッピングできるお店や、素敵なレストランなどがたくさんあります。今回はそんな表参道の、おすすめお…

MoCo / 2174 view

自由が丘ランチおすすめスポット11選【デート編】

自由が丘にはオシャレカップルにぴったりの可愛いお店がたくさんあります。今回は、デートにおすすめのランチが美味…

MoCo / 3998 view

関連するキーワード