エビの消費量は、世界的に見ても日本がトップクラスに位置していると言われています。多くの種類のエビが存在し、種類によって形だけでなく特徴も異なるため、エビは料理の種類などに合わせて使い分けられているんですよ。ここでは、よく料理に使われる美味しいエビのうち、4種類のエビの特徴や調理方法、選び方のポイントなどについて解説いたします。

赤エビ

赤エビは一般的に「小エビ」とも呼ばれる、大きさ8〜10cm前後の小さなエビを指します。大量に獲れるために安く購入できます。その生息地は相模湾以南、有明海や八代海だと言われています。旬は春〜夏頃です。殻がやや固いのが特徴で、身は旨みがありエビの風味も高いです。鮮度が良いと赤く貝殻の色合いが濃くなりますが、一方で古く鮮度が落ちると白くなるために、選ぶ際のポイントになります。赤エビは、素揚げしたり、茹でたり、すり身にしたりなど、素材の味を活かした調理方法に適しています。一方でその風味を生かし、干しエビやえびせんなどに加工されることも多くあります。

ブラックタイガー

「ウシエビ」とも呼ばれるブラックタイガーは、東京湾以南の太平洋側に生息しています。海外ではオーストラリアや東南アジア、アフリカなどで漁獲されます。大型で味も良く、ぷりぷりとした食感と甘みが特徴で、そのおいしさから日本でも多く食べられているエビです。そのまま刺身として食べたり、天ぷらや塩焼き、ガーリックシュリンプとして食べたりとさまざまな調理方法がありますが、加熱したほうが歯応えや甘みや旨みが増します。

芝エビ

芝エビは東京湾以南、台湾や黄海などのうち、内湾に生息しています。旬は秋から春と言われ、殻は柔らかく、身はやや水っぽい食感です。生の状態よりも熱を通したほうがより旨みを味わえます。薄い灰色で、ゴマのような小さな点が散らばっているのが特徴です。また、熱を通してもあまり赤くならないのも特徴です。芝エビはよくエビマヨに用いられるほか、鮮度の良いものは天ぷらや塩焼き、煮つけなどで食べることが多いです。殻が柔らかいので、丸ごと食べられ、甘みと風味が強く美味しいです。

車エビ

天然の車エビは非常に少なく、市場に出回っているものの多くは養殖ものです。そのため、一説によると天然の車エビは高価な値段で取引されていると言います。旬は晩秋から冬と言われており、殻は柔らかく身は締まっています。熱を通すと発色の良い美しい赤色になるのも特徴です。鮮度が良いと縦縞模様がはっきりとしますので、選ぶときは注目してみましょう。素の味を活かした天ぷらや塩焼き、刺身などの調理方法や、寿司のネタとして食べられることが多いです。また、茹でても美味しくいただけます。

いかがでしたでしょうか。エビは風味と旨みが強く、焼いても、揚げても、湯がいても、生でも美味しく食べられる万能選手です。美味しい食べ物が揃う日本で、消費量が多いというのも納得できますね。他にもたくさんのエビの種類が存在し、それぞれで鮮度の見方など変わってきます。さっそく今日の夜ご飯は、エビを使った美味しい料理にしてみましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

美味しいエビが楽しめる♪東京都内人気のお店3選

エビは和洋中どんな料理にも欠かせない食材のひとつですね。今回は、東京都内のえび好きにオススメのお店を各ジャン…

MoCo / 966 view

プリプリ感がたまらない♪エビの栄養・効能解説

人気食材のエビは、疲労回復効果など、いろいろな健康効果が期待できます。そこで今回は、エビの栄養と効能について…

MoCo / 527 view

関連するキーワード