ラーメンや餃子など中華風の食事が普段の生活にすっかり溶け込んでしまっているものの、本来の中華料理がどんなものかよくわからないという人は多いです。中華料理ひとつとってもいくつかの種類があります。ここでは意外に知らない中華料理の種類についてご紹介します

中国は料理王国

中華料理が国民食として食べられている中国は世界で「料理王国」と言われています。多種多様な食材を様々な調理法で調理します。「四つ足なら机以外、動くものは両親以外、飛ぶものは飛行機以外何でも食べる」と言われているほどです。また、中国には「民は食をもって天となす」という人間が生存していく上で食が最も大切だということわざもあります。これは中国4千年の歴史の中で人々が様々な天災や人災の中で自らの生存のために幅広い食物を食事に取り込んできたことの現れでもあります。そんな中華料理は地方によって特徴的な料理があり、その味は「南淡北咸・東甜西辣」(南は薄く、北は塩辛く、東は甘く、西は辛い)と言われています。代表的なものに北京料理、上海料理、広東料理、四川料理があります。

北京料理(ぺきんりょうり)

北京料理は黄河流域より北部の寒い地方で発達した料理で北方民族料理や宮廷料理の伝統を受け継いでいます。寒さに耐えられるようニンニクやネギなどの薬味をたっぷり使った料理や、揚げ物や炒め物が多いです。味付けは味噌や塩、油をたっぷり使った濃厚なものが多いです。北京料理の代表的なものとしては北京ダック、餃子(ぎょうざ)、饅頭(まんとう、まんじゅうのこと)、包子(ぱおつ、中華まんじゅう)、麺類などが挙げられます。

上海料理(しゃんはいりょうり)

上海料理は中国中部を代表する中華料理で、川魚料理が多いのが特徴です。これは中国最長の川である長江に面していて、その周辺に湖や海があるためです。その中でも上海ガニが有名で、秋から冬にかけてシーズンを迎えます。その他にも中国版豚の角煮である東坡肉(トンポーロー)や熱いスープも一緒に楽しむ肉まんじゅうの小龍包(ショーロンポー)などが有名です。煮込み料理やあんかけなど味付けが薄味なものが多いのが特徴でもあります。これはロシアやヨーロッパとの交流の中で発展してきた上海の背景があるとされています。

広東料理

中国南部の代表的な中華料理で、日本人の口に合うことでもよく知られています。日本にある中華料理レストランでは広東料理のお店が非常に多いです。広東地方は海に近いので素材の良さを活かした海鮮料理が多いです。北京料理でも有名な餃子も水餃子ではなく蒸し餃子にすることが多く、焼き物も多いです。食材に魚やアワビ、ナマコ、燕の巣などを使うこともあります。また、有名なのがお茶と一緒に楽しむ飲茶でシューマイやマンゴープリンなどがあります。日本ではすっかりおなじみになっていますが、広東料理がその大きなルーツとなっています。

四川料理

四川料理は湿度が高くて曇りの天気が多い中国の内陸部で発達した料理で辛いものが多いです。山深い地域で発達したため、発汗作用のあるものやフカヒレなど保存がきく食材をよく使用します。発汗作用を促すものには唐辛子や山椒などが挙げられます。代表的な料理には麻婆豆腐やキャベツと豚肉の味噌炒めである回鍋肉、エビのチリソースがあります。

知っているとさらにおいしい中華料理

本格的な中華料理のお店に行くとメニューも中国語で記載されていることが多いです。いくつかパターンがあり、よく使われている言葉を覚えておくと材料や味の想像がつくので選びやすくなります。何人かで行くときには前菜、メイン、デザート(点心)のバランスを考えて頼んでみるのも良いですね。

中華料理と一口にいっても様々な種類があります。主にご紹介した4大中国料理が由来となっていますので、オーダーしたり実際に食べたりしながらどの地方の料理なのか考えてみるのもおもしろいですね。グルメ王国である中華料理をよく知って楽しむことができれば真のグルメになれるでしょう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

【穴場】自由が丘の中華料理店人気5選教えます

自由が丘は、スイーツのイメージが強いですが、実は美味しい中華料理店もたくさんあるのです。今回は、自由が丘で人…

MoCo / 1326 view

今話題!餃子女子会におすすめの人気店5選

女子会でもがっつり料理をいただきたいときがありますよね。そこで今回は、女子会におすすめの都内近郊のおいしい餃…

MoCo / 791 view

表参道でこだわり中華?人気中華店「蔭山樓」とは

表参道はおしゃれな店ばかりでなく、グルメの街としても有名。ここでは、人気中華料理店「蔭山樓」をはじめとする表…

MoCo / 879 view

関連するキーワード