フカヒレは美肌食

フカヒレは美味しいだけでなく、美肌効果が高いため人気があります。なぜフカヒレは美肌食として多くの女性に注目されているのでしょうか。ここでは、フカヒレが美肌食と言われる理由やコラーゲンの効果・効能について、解説いたします。

フカヒレはサメの尾ビレ、背ビレ、手ビレなどからわずかしか取れない希少性の高いものです。中国の三大珍味のひとつであり、高級食材として有名ですが栄養価も高く、コラーゲンやカルシウム、マグネシウム、亜鉛、鉄、コンドロイチンなどが含まれています。このコラーゲンが、美肌に大きな効果を発揮します。そのため、最近では「美肌食」として多くのメディアなどで取り上げられているほか、モデルや芸能人、美容関係をはじめ、多くの女性が食生活に取り入れています。

コラーゲンは美肌効果が高い

コラーゲンはタンパク質の1種です。人間の体内にあるタンパク質のうち、3分の1がコラーゲンで構成されていると言われています。
一方、人間の皮膚は表皮、真皮、皮下組織の3層に分けることができますが、この真皮の70%がコラーゲンで構成されています。コラーゲンなどのタンパク質を摂取すると、肌のコラーゲンを生成する手助けになり、肌の新陳代謝が活発になるため、肌の潤いやハリを保つのに効果があるのです。反対にタンパク質が不足してしまうと、肌に保湿力がなくなってしまうため、乾燥しやすくなり、しわの原因に繋がります。
フカヒレはその成分の80%以上がタンパク質であるため、効率的にタンパク質を摂取できます。このため、「美肌食」として注目されているのです。

コラーゲンは爪や髪、骨、関節、内臓にも良い

コラーゲンは美肌への効果が高いだけではありません。
骨や関節を強くするためには、カルシウムだけでなくコラーゲンなどのタンパク質も必要になります。そのため、コラーゲンを摂取することは関節の動きを良くするほか、女性に多いとされる骨粗鬆症の予防にも効果が期待できます。
また、髪や爪、内臓も、肌と同じようにタンパク質で構成されています。コラーゲンを摂取することで、内臓機能が高まるほか、爪が美しく保たれ、白髪や薄毛の予防になります。
このようにさまざまな効果が期待できるため、コラーゲンは女性の間で注目されている成分なのです。

フカヒレにはどれくらいコラーゲンが含まれているの?

コラーゲンが含まれている食材はたくさんあり、一説によると食材100g中、牛すじは4,980mg、鶏軟骨は4,000mg、皮付きのサケは2,410mg、ウナギの蒲焼きは5,530mのコラーゲンを含みます。ちなみにフカヒレは100g中に9,920mg含むとされており、コラーゲンを多く含むほかの食材と比べても、遥かに多い含有量です。コラーゲンを摂取したい場合は、フカヒレを食すことが非常に効果的だと言えます。

フカヒレで加齢によって減少するコラーゲンも補える

コラーゲンは体内で生成・分解されますが、加齢によってそのサイクルが遅くなり、体内のコラーゲンが少なくなってしまいます。そうすると、肌や髪、爪の美しさが衰えるほか、骨がもろくなったり、内臓が弱くなったりします。
フカヒレを食べると、体内にたくさんのコラーゲンを取り入れることができますので、加齢で減少した分を補えるのです。

いかがでしたでしょうか。フカヒレを食すことで、体内にたっぷりのコラーゲンを摂取できます。他の食材と比べてもフカヒレのコラーゲン含有量はトップクラスです。フカヒレを食べることで、美肌効果だけでなく、髪の毛や爪などもつやつやになる効果が期待できます。フカヒレは高級食材でもありますので、頻繁に食べられるものではありませんが、定期的に自分へのご褒美として食してみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

ぷるぷるの感動をご家庭でも!お取り寄せできる絶品フカヒレ

高級食材であるふかひれは、なかなか口にする機会も少ないのではないでしょうか。そんなふかひれも実は手軽に取り寄…

MoCo / 1045 view

コラーゲンで美肌!お洒落贅沢ランチ・フカヒレ編

フカヒレは高級食材なので、なかなか食べる機会がありませんよね。しかし、ランチならお手頃価格で贅沢な味を楽しむ…

MoCo / 783 view

「蔭山樓」表参道に行ってきた♡フレンチスタイルの創作中華を堪能リポート

フレンチスタイルの創作中華が味わえる「蔭山樓」が表参道にも登場しました。今回はふかひれの姿煮コースをいただい…

あずさ / 644 view

関連するキーワード